ケータイ小説 野いちご

地味子が地味子である理由

2章
仲間…







また朝が来てしまった…





何があっても朝は必ずくる…





なんて虚しいのかしら…







< 74/ 502 >