ケータイ小説 野いちご

Black Queen【2】

第5章
倍返し





「あ~、百鬼凰はやく潰してぇ」

奏が携帯をカチカチ触りながら呟いた。


「あ~、百鬼凰の誰かをボッコボコにしてぇ」


奏の真似をしながら優也も呟いた。


「あ~、百鬼凰の誰かを半殺しにてぇ」


雅も奏を真似をして呟いた。


おいおい、なんか言葉が怖ぇ…。


「半殺しより殺したいですね」


最後に蒼は奏の真似をしなかったけど、…でも何より言葉が恐かった。



< 68/ 301 >