ケータイ小説 野いちご

援交した私、騙された彼

冷めた私
学校なんか…


窓際の一番後ろ。

それが、私の居場所。

誰かが飽きずに、白い菊の華を飾ってくれてる。

…バカらしい。

私は、いつものように華を片付けて、席についた。

「今日も、やってくれちゃってるねぇ。」

隣の席の畠野が、私に話しかけて来た。

畠野は、クラスの人気者で、モテているやつだ。

だから、私は畠野に告白された時、正直ビックリした。

そして、ふった。

次の日、学校に来るとすでに噂がながれており、私の席に白い菊の華が置かれていた…。

それから毎日、誰かがいろいろやってくれている。

最近上履きがあったためしがない。

ひどいときは、椅子に接着剤がついていたりした。

それを見るたびに、女子のグループから、嘲笑がおこる。

これが、今の私の学園生活なのだ。

鈴原 美憂の…。


< 1/ 4 >