ケータイ小説 野いちご

戦国だ!!戦国だ!!戦国

第一章
裕太と孝太と白狐の十九郎

裕太side

「よ~しまず名前!!俺は孝太あんたは」

「如月裕太」

「その狐の名前は」

「こいつ?ん~」

『キュ~キュ~』

「決めた!!十九郎これでいいだろ」

『なんだその名前は』

「おい孝太なんかいったか?」

「ハぁ?お前だろ」

『ここだ!!目の前にいるだろ』

白狐の十九郎がじたばたしながら言っている。

「「えぇぇぇぇえ!!」」

『五月蠅いぞ!!』

「「狐が喋った!!」」

『ただの狐ではない』

「じゃあなんなんだよ」

ドロン!!煙が出てきた。

「ゲホゲホ」

「煙い」

煙から出てきたのは、肌白い人間の容姿をした十九郎がでてきた。髪の色は、白銀色で耳がついている。瞳の色は紫。もこもこした九本の尻尾。服装は陰陽師服に勾玉を首につけている。身長は幼稚園児位。

『フン..これも仮の姿だ!!力を解放すればもっとすごいぞ』

「まじかよ...」

「すげー子分ができたぞ!!」

『誰が!!子分だ!!』

< 19/ 88 >