ケータイ小説 野いちご

恋する乙女

ドキドキ




西原・・・?

あれ??

私、どうなったんだっけ??

サッカーボールが飛んできて。。。当たると思っ・・・

!!

西原、ボール持ってる!

え?

じゃあ。。。西原。。。私をかばって・・・?

はっとして彼を見ると、じっと私を観察するような彼の瞳が。。。

ドキッ!!

お、おおおお礼!!言わなきゃ!

「ぁ。。。」

「直貴~!」

あ、三浦・・・

西原の親友だ

「お~?」

そう言って、ボールを置いて歩いていく西原

あ・・・

お礼。。。言い損ねちゃった

呼び止める必要は、無いよね・・・

はぁ・・・

って!

何でため息ついてんだ私!?


でも。。。胸のドキドキが止まらないいィっ!!

どうしよ。。。。

私西原のコト、




好きになっちゃったカモ・・・っ!!///

< 2/ 2 >