ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】

─第三章─
新撰組の広間



ある日の朝





「おはようございますっ!」



数日間、悩んでいたけどみんな普通に接してくれてる。



「おはようっ。京子ちゃん」




「おはようございますっ。沖田さんっ」




「今日は早いな」




「斎藤さんがいつも早いんですっ」




「ふぁ~ぁ(欠伸)ねみぃ・・・。



京子っはよっ!」




「おはようございますっ!原田さんっ」






続々とみんなが起きてきた。




「おはようってあれっ?千嘉は?」




平助君が起きてきて第一声がそれっ?





< 108/ 158 >