ケータイ小説 野いちご

One Day~君を見つけたその後は~

エピローグ~翌朝~

私の彼は、やっぱり今日もご機嫌ナナメ。


えっと。
えーっと。

昨夜、私たち、すごーくいい感じでメールのやりとりをしたはず……だよね?

それなのにこの落差。

一体、どうなってるのー!?





吹奏楽部の“合宿”2日目は、朝食をとりながら形だけのミーティングを行って、無事終了した。

お昼前に学校に帰り着いたあとは、楽器の片付けを終えたパートから、随時解散。

 
昨夜、あれから慎とどんな話をしたんだろう?
タケちゃんが珍しくキリッとした顔つきで

「先輩、俺、生まれ変わりました! 今から自主練するんですけど、いっしょにどうですか?」

って誘ってくれたんだけど。

「ごめん! 行きたいところがあるから」

私はその誘いを丁重にお断りして、その足でまっすぐヤマタロの家に向かったんだ。



びっくりさせたかったから、連絡はしないまま。

ヤマタロは驚いて、喜んでくれるかな? 

そんな期待をしながらヤマタロの家のチャイムを鳴らすと、いつもみたいにお母さんじゃなく、ヤマタロ本人が迎えに出てくれた。

< 148/ 179 >