ケータイ小説 野いちご

君・恋・スマイル~純愛~

妬けるほどに恋こがれて。
side思音

「♪~♪~」

お気に入りのリボンがついたワンピ。

髪はいつもよりちゃんとブローして・・・。

だって今日は、ずっと楽しみにしてた・・・・

「あら、思音ご機嫌ね。」

「うんっ♪」

「クッキーなんか焼いちゃって、その服、お気に入りでしょ?」

「えへへ・・・」

優真のサッカーの試合、だもん!

しかも、ゴールをいっぱいするポジションなんだって。

思音と優真・・

この前の告白でまだちょっと気まずい。

でも、そんな時優真が「試合見に来ない?」っていってくれたの!

こういうこと初めてだから嬉しいなぁ・・・。

優真の彼女として恥ずかしくないようにしなくちゃね。

「いってきまーすっ」

そして思音は元気に家のドアを開けた。


< 27/ 64 >