ケータイ小説 野いちご

君・恋・スマイル~純愛~

妬けるほどに恋こがれて。

「真衣ー、パス!」

「はいっ」

夏休みもあと10日・・・。

昨日からバスケ部は部活が再開した。

私は次の試合へと練習を続ける日々・・・。

「もう、夏も終わりかぁ・・・。」

二年生になってから・・・

ううん。

優真を好きになってから毎日が過ぎるのが速くなった気がする。

でも、今は。

心がなんだかすかすかで、ぼんやりしてる。

・・・優真にふられたから、なんだけど。

「真衣っ、ボールそっち行ったー」

「わぁっ、ごめん」

「うーん・・。一回休憩しよ。」

「うん。」

< 1/ 64 >