ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ハチミツ

あたしの彼氏
そしてあたしは


ー翌日ー

あたしは、教室の扉を開けられないでいた。

だって、中には玲央がいる…

「美桜、おっはよ〜!って!どうしたの、その目!」

「優衣ちゃん…」

あ、やばい頭痛くなってきた…

「美桜?」

「………………。」

そうして、だんだん意識が遠のいていった。

――――――――…

重いまぶたを開ける。

白い天井

消毒液の匂い

少し固いベッド

あ、ここ、保健室か。

「美桜?大丈夫?」

優衣ちゃんが、心配そうにあたしの顔を覗く。

「あ、たし…?」

「倒れたんだよ。
扉の前で。も〜びっくりしたんだからね?」

「そっ、か…」

「何か、あったんでしょ?あたしでいいなら、話聞くから。」

優衣ちゃん…

「ありがとう。でも、大丈夫だよ?
ほら、早く行かないと授業始まっちゃうよ。」

「……わかった。美桜は、もう少し休んでな。なんかあったら、いつでも言ってね?」

「うん…」

「じゃあね。」

ガララ

ピシャン




< 10/ 24 >