ケータイ小説 野いちご

空はいつも蒼い

父さん


俺の仲の良い友達 勇介(ゆうすけ)と毎日のように遊んでいたある日 いつものように勇介を遊びに誘った。


「勇介〜 今日遊ぼうや!」

「今日 野球やわ!」

「野球?お前野球なんかやってたっけ?」

「母さんにゆうて、お金かかるゆわれたけど、学童やめるから!ってゆうたら良いってゆうてくれてん!」

「まじかあ」

その日は土曜日。

まだゆとり教育も始まっておらず 土曜日は昼までの授業やった。

土曜日は昼からの練習らしい。

その日は当然遊べず、家で 当時流行っていたカードゲームのデッキ作りに励んでいた。


夕方になって 父さんに

「勇介が野球はじめたらしいで」

と 言うと

「俺も野球やっててんぞ!お前もやったらええねん」と

当時のトロフィーやユニホームを見せてきた。

「父さん以外に凄い選手やったんやなあ」

「当たり前や!誰にゆうとんねん」と

するどい突っ込み(笑)

俺は その夜 勇介に電話して 早速 少年野球のコーチの連絡先を聞いた。

聞いたまではいいが 当時、小2の俺は電話をするのに 緊張していた。

ふと横におった おかんに

「おかんかけてや」とゆうたが

「自分がやりたいなら自分でかけんかい」と けちらされた(笑)


勇気を振り絞りかけた。


「はい」

「あっ、黒木ですけど」

「はい?」

「あっ、チームに入りたいんですけど!」

「ああ!はいはい。」
「それじゃ来週の日曜日に来てくれ」

「日曜日で!わかりました!」

と ついに入団(笑)


朝起きるのがとにかく苦手な俺はしんどかった。(笑)


いざ野球をやってみると めちゃくちゃしんどかった。

身長は一番でかかった!

野球を始めた俺に 父さんは大喜び。



< 1/ 1 >