ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第三章【時代は動き出す】
尊さを知る




「俺は高杉晋作だ。名は?」



「見垣桜です。」



高杉さんは「いい名だな。」と頷いてくれた。


高杉…



高杉晋作…

聞いたことありそうな?


バカな私には思い出すことは無理だと諦めた。



そんなことより…


「私…どうしたらいいんですか?」


八木邸に連れて行ってくれるのかと思ったんだけど…



「どこまで連れて行ってほしいんだ?」



高杉さんは桂さんの隣に腰をおろしながら言った。












< 239/ 264 >