ケータイ小説 野いちご

シンデレラには、なりたくない!

和史の婚約者



「奈子ちゃん、だいぶ慣れてきたわね」


「はい。だいぶ…」


お福さんの笑顔に、私も笑って返す。


時間が経つのは早いもので、ここへ来て半月が経った。


その間、あの嫌な御曹司、和史とは一度も顔を合わせていない。





< 75/ 357 >