ケータイ小説 野いちご

【短】君が僕を忘れても、僕は君を好きでいる

1◆波の音

「海が見たい……」



君がそうポツリとつぶやいたから、



「……行こっか??」



僕は思いっきり笑顔を作って言ったんだ。



「えっ、いつ?」



君は大きな瞳で僕を見て、少しだけ驚いた顔をした。



「ん??今からだよ。今から行こう!!」



そう言って、僕は君の手をとった。

< 1/ 23 >