ケータイ小説 野いちご

君と私とときどき君と

私、何もしていませんよ。
お宮参り





「みのるー!!早くしないと、ぶっ殺すわよー?」



「ぎゃああああ!お母さま!それが娘に向かって言う言葉ですか!泣きますよ!」




こんにちは。


桃山、実瑠です。平仮名でいうと、ももやま、みのるです。



只今、殺されかけてます。


言い変えると、やっと準備が終わった娘に母親がラリアットかましてます。



「おっせーんだよ18歳の分際で!!!」



「痛い痛い痛いですお母たま!ギブ!ギブアップてくすとみー!!」



「意味わかんねぇんだよ!もう一回小学生の国語習ってこい!」


「違います!英語ですお母さまぁぁぁ!」



「ほら、千春(ちはる)。そんなにいじめると実瑠が可哀相だろう?お遊びもそこらへんにしておいたらどうだ?」



「・・・もうっ、仕方ないわね!・・・早く立てよ、みのる。」



「た、態度がぜんぜん違う・・・!本当に母親かテメー泣くぞ。」


「おい、お前親に向かってテメーっつったろ。親は神様だァァァ!繰り返せ!」


「はい、そのとおりでごっしゃいますお母さまぁあぁぁ!痛いからラリアットはやめてえええええ!!」





< 1/ 61 >