ケータイ小説 野いちご

手の届かない君へ〜レジスタンス瞑Side〜

小さいキミ



朝は嫌いだ。


すげぇだるい。


このまま帰ろうか。


いや、兄貴に殴られるか。

それだけは、勘弁。


手加減なしだからな…あいつ。


半端なくいてぇし。






ダラダラと目先に建つでかい建物を目指し足を進める。


手に持ち物は、当たり前のようにない。


何がいるのか正直わからない。


零緒に、

"あんた手ぶら?何しに行くんだよ!馬鹿?"


とまで言われたが、逆に何をそんなに持ってくんだよって俺は思う。





< 1/ 55 >