ケータイ小説 野いちご

風神I

第二章
セクシー男





朝の4時半、今日は珍しく朝早く目が覚めた。



と言っても、昨日は家に帰ってご飯食べてソファーで雑誌を読んでいたら何時のまにか眠っていた。



多分、5時か6時ぐらいに寝たんだとと思う。



寝すぎだ…



あたしはソファーから降り、キッチンへ水を飲みに向かった。




水を飲み、またソファーに座る。




広いマンションの一室、必要最低限のものしかないこの部屋はひどく冷たく感じる。




この部屋に人の温もりなんてない。



引っ越して来てから誰一人として上げたことがない。




もう、1年半ぐらいになるのかな。



こんな無意味な生活を続けてなんになるんだろう。







< 40/ 380 >