ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者

危ないアイツ



ふぅ…。


昨日は疲れて何も考えられなかった…。


お母さんがすごかったんだよね…。


「鳴海ちゃん、おはよ」


後ろから零くんの手が私の肩を叩いた。


「あっ…零くん、おはよ」


「鳴海ちゃん今日は遅いんだね」


「うん、お母さんがね…」


朝から大変だった。


何かあったら電話してって言うし…。


頭痛くなったら先生に言ってねとも言ってたな…。


考えながらふと隣を見ると私の隣を零くんが歩いていた。


横顔もかっこいいです…。


私なんかが零くんのこと好きになってはいけないんだよね…。

昔からモテモテだったなぁ、3人とも…。


私いっつも3人と一緒だったから恋愛感情なんか芽生えなかったな…。


今思うとませガキだったな…。

「鳴海ちゃん、危ないよ!」


零くんに腕を掴まれて私は気づいた。


教室についていたことと、あともう少しでドアにぶつかりそうだったこと。


危なかった…。


「ありがとう、教えてくれて」

「いいよ、昔からドジだったからね鳴海ちゃん」


そういつも零くんに教えてもらって気づいてたんだな…。


記憶がなくてもドジなところは変わりませんでした。


零くんがいなかったころはいろんなところに体をぶつけてたな…。


最高で十回。


痛かった…。




< 91/ 121 >