ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者

助けて!!



昼休み、いつものように裏庭でお弁当を食べようとしたとき、

「な~る~ちゃ~ん!」


と、遠くから魁くんの声が聞こえた。


「魁…くん…?」


「はぁはぁ…やっと…見つけた…」


魁くんは私のところに来ると、息を整えることなく話す。


そんな汗かくほど私を探してたのかな…?


もしかしたら暑いからかもしれないし…。


「なるちゃん?」

「えっ?な…何ですか?」

「なんか考えてごと?」

「う…うん…」

「ねぇオレたちと一緒にお昼食べない?」


魁くんたちとお弁当!?


嬉しい!!


「う…うん「海上さん、ちょっといい?話あるんだけど…」


返事をしようとしたら、女の子たちに遮られた。


「えっ?」


でも、魁くんが…。


私はチラッと魁くんを見る。


それに気づいた魁くんはニコッと笑った。


「行っといでよ、オレ待ってるからさ!」


「分かった、待っててね?」


「うん」


なんだか…嫌な予感がする…。



< 41/ 121 >