ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者

好きの意味



あれから何日かたったけど、山炭くんと瑠衣くんは仲良くしてるみたい。


私はなんだか嬉しくなっちゃってあのときのキスも忘れていた。


「良かったよね、仲良くなって」


私は教室で瑠衣くんに言った。

「別に、つかあんなん仲良くなったって言わねーだろ」


「言うよ、すっごく仲良くなった」


私は椅子に座ってただ瑠衣くんを見る。


「ホントだよね、この前まであんなに仲悪かったのに」


零くんが机の上に乗る。


「確かに、なんか変わったよね」


「変わったんじゃないよ、オレが海上さんが好きだからだよ」

後ろから山炭くんが来た。


「山炭くん…あの…好きって?」


「そのまんまの意味だよ」


山炭くんはニコッと笑って「ねっ?」っと瑠衣くんを見ながら言った。


「余計なこと言ってんじゃねーよ」


「ちょっと待って?好きって…山炭くんが?」


「オレが告白したことも忘れんなよ~」


魁くんが足をブラブラさせながらニコッと笑って私を見る。


そうだった…。忘れてた。


「魁くんが私のこと好きなんでしょ?えっ…?えっと…私返事しなきゃいけないんだよね?」

「うん、オレも好きだから忘れないでね?」


山炭くんが私を見る。


「えっと…私…その…また今度にして!」


そう言って私は教室をダッシュで出た。


好きって言われても無理だ!




< 109/ 121 >