ケータイ小説 野いちご

お嬢様の苦悩。

Ⅲ.執事の小さな悪戯




「驚きました」

「……そうでしょうね」

――大広間での、呟き。



< 31/ 55 >