ケータイ小説 野いちご

鬼の名の下


それから、大きな建物に付いた途端、刀を奪われ暗い部屋に入れられた。


「ね、猫どうする・・?」


チラリと白羅に目を向ければ強いまなざしでこちらを見ていた。



『逃がせ・・っ・・』



「・・わかった。大人しくしていろ」


それだけ言うと、パタンッと襖を閉めて島田は出て行った。



クッ・・ハハハッ・・・きっついなぁ・・・。



逃がせと言った瞬間の、白羅の顔・・・


瞳に闇が広がったように見えた・・・。


だけど、だけど僕と居れば危ないのは確か。


島田ならむやみやたらとその辺に捨てることはしないだろうから・・


所詮人外にはどうすることも出来ない。


せめて、白羅がもっと平和な時代へといってくれることを願おう・・。







< 40/ 163 >