ケータイ小説 野いちご

歪みゲーム

歪みゲーム 第1ゲーム
ペア決め






囚人が死んだ場所を離れロビーに集まった。


「いいか、狼と主催者はこの中にいる。でも、狼と思われた奴は…さっき死んだ」


圭さんが言う。


確かに、みんな狼は囚人だと思ってた。


でも、その囚人は狼によってゲームオーバーに。


………主催者の情報は得られず、か。


「……ペアをつくろう。3人一組を3ペアと二人一組を1ペア。それなら、狼に狙われたとき安心だろう」


圭さんの意見に、みんな賛成した。


でも、一つ気になることがある。


もし狼と二人一組のペアになってしまったら…


次にコロされるのは、自分なのではないか。


いや、みんな思ってることか。


…仕方ない我慢しよう。






< 36/ 188 >