ケータイ小説 野いちご

一番星のキミに恋するほどに切なくて。《旧版》

*:*star story*:*
変わりゆくモノ



11月下旬、あたしはひどい頭痛と眩まい、咳にみまわれていた。


「…ゲホッ…ゲホッ…」


頭痛いな………。もう時間が時間だし、こうやって体が悲鳴を上げる頃だとは思ってたけど……。

まさかこんなに辛いなんて…。


「…38.9℃やっぱり風邪か…」


蓮さんは体温計とあたしを交互に見つめて呟いた。


ただの風邪なら良かったんだけどね…。あいにく、これは白血病の症状だしあと何日間続くか……。


「高熱だからな。博美の所行くぞ」


「…ゲホッ………うん」

博美さんなら…大丈夫だ。事情も説明してあるもんね。


「………ひどい熱だな…」


あたしのおでこに触れながら心配そうにあたしの顔をのぞき込んでいる。


これが初めてじゃないから、覚悟は出来てたけど…。やっぱり慣れるものじゃないよね。







< 106/ 204 >