ケータイ小説 野いちご

27年後の王子様

【壊れたマリちゃん】









金曜日。午後2時。

『みかづき屋』南沢町店のバックルーム。


今週はハピーズ飯崎店ではなく、こちらで仕事だ。





この日は路木さんも来てくれていて、休憩中にお見合い→初デートの話をすると、路木さんは苦笑しながら言った。




「それは災難だったねぇ。」


「本当ですよ!」



思い出すと、また怒りが込み上げてくる。


私はジャムパンに噛りついて、それから溜め息を吐いた。






「…でも、そのバイトの彼イイ奴じゃない。」


「…そうですかぁ?」


「若い白馬の王子様に、クラッときちゃった?」


「…まさか。」












まさか。……まさか、ね。











< 96/ 235 >