ケータイ小説 野いちご

【完】Lost voice‐ツタエタイ オモイ‐

第1楽章‐奇跡へのプレリュード‐
♪ 呼び起こされる記憶





「いやぁホント助かったよー。柚姫ちゃん、ありがとね。」




カウンターの向こう側で、原田さんは優しく笑った。



あたしも笑顔でそれに返す。




「柚姫ちゃん、毎日来てよ。代わりに紅茶ご馳走するから」





という原田さんの言葉にどうしていいかわからず、曖昧に微笑み返した。





「原田さん、調子に乗らないで下さい。」




すると、見かねたらしい暁くんが助け船を出してくれてホッとした。




「別にいいだろ。アキだって、柚姫ちゃんが来てくれたら嬉しいだろ」




「それとこれは別ですよ。」





「ったく、このフェミニストが。」





「海外じゃ普通ですよ。」






暁くんはそう言い捨てて残りの紅茶を飲み干した。




「やっぱりアールグレイはストレートに限りますね。」





「当たり前だろ。ってか話を変えるなよな」




「いいでしょ。この話は終わりですから」





「ったく、クソ可愛くない餓鬼だな」





「俺はもう大人です。」





そんな二人のやり取りが、なんだかこどもみたいで可笑しくて。




あたしは笑ってしまっていた。







< 46/ 450 >