ケータイ小説 野いちご

ね、先生。

先輩と美加と私 + 先生?!

「葵、部活行こっ♪」


放課後になると、美加はいつも私を迎えにきてくれた。


私達は毎日欠かさず部活に行き、一緒に練習を頑張ってた。




「今日も頑張ってるね。」

「あ、真鍋先輩。
 お先にコート使わせてもらってます///」

「いいよ、わざわざ断らなくって。
 じゃぁ、オレがボール出すから、二人ともバックハンドの練習しない?」


そう。
私の動機は不純だった。
テニスをいい理由に、真鍋先輩と一緒に居られる時間を楽しんでた。




私は美加の居るコートへと走って向かった。

先輩がボールの準備をしてるのを待ってると、


「実は私ね、真鍋先輩の事好きなの。」


美加から突然告白される。


「えっ・・・。」

「中学一緒だったんだ。
 だから、この高校受けて、テニス部入ったの。」

「そ、そうだったんだ・・・」


突然の告白に、私は自分の胸のうちを告白できないまま、


「じゃ、行くぞ~!」

「あ。
 は、はいっ!!」


先輩の手からは、一球目のボールが放たれた。

< 16/ 278 >