ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

愛なんて知らない Ⅱ


不幸と天使











私はイライラとしたまま眠りについた









*    *    *    *









「愛美ー、起きてぇ」








「ゆう・・・き?」








「もう朝だよ!遅刻するよ~」








「えっ・・・もうそんな時間なの?」





私は時計を見た






(少し急がなきゃやばいかも・・・・)








< 113/ 571 >