ケータイ小説 野いちご

◆ツンデレ彼氏?!◇

すれ違い




零side



二人で、あの時のことを思い出していた。


いつの間にか皆帰ってしまっている。




「…だからさ、お前にはそんな思いしてほしくないんだ」



蓮人は微笑みながら言う。



「…わかった。お前もさ、いつまでも引きずってんなよな?」



俺だって、親友には幸せになってほしい。



「おう。じゃあほら、行って来い!莉羽ちゃん、今日も待ってるんだろ?」


「ああ…サンキュー」



教室を飛び出して
莉羽の元へと向かった。


今すぐ、伝えなきゃいけないことがある。



蓮人…
背中押してくれて、ありがとな。


最高の親友だよ!





< 23/ 49 >