ケータイ小説 野いちご

バニラエッセンス

出会い
神の悪戯



「任せろ」
という瀬田さんの言葉で、私は瀬田さんと共同生活を送ることに決めた。


12月15日、時計の針が、12で重なる3分前。

やけに綺麗で狭いアパートの一室に、私たちは腰を下ろした。
ここで10日間生活するのか、と思うと、不安と興奮は6:4だった。

「ねぇ」

私はお茶を沸かしてくれている瀬田さんの背中に話しかける。


「私、何をしたらいいですか?」

「え?何もしないでいい」

瀬田さんは手を止めることなく声だけで返事をする。


「でも、お邪魔しちゃって、そういうわけには………」



< 12/ 26 >