ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「嫉妬?」
「今はまだ右手な。」


――――――
―――――――…

今日は待ちに待ったクリスマス!

窓から外を眺めると、雪がちらほら……


なーんてこともなく。

朝からずーっと、大粒の雪がボタボタ空から落ちてる。


「凄い雪…」

準備を終えて、今は大ちゃんが迎えにくるのを待っているところだった。


―ピンポーン…

「あっ、来た!」

カバンを持って、誰もいない家から出た。

―ガチャ…


「久しぶり、大ちゃん。」

「おう。ほら、行くぞ。」

差し出された手をギュッと握って、大ちゃんの傘に入った。


「あ、今日俺ん家になったから。龍泉の倉庫寒いし。」

「え、そうなの?」

まぁ、あたしには好都合だから反対はしないけど。よく大ちゃんオッケーしたなぁ。

部屋スッゴい汚れると思うんだけど。


「俺が家帰ったら、遼が普通にいたんだよ。」

「え、合い鍵でも持ってんの?」

「槙には渡したけど、遼に渡した覚えはねぇ。帰れっつっても帰んねぇし。」


< 15/ 138 >