ケータイ小説 野いちご

ハネノネ

第三章
ハネ


ハネノネ 第三章





ナキが初めて僕に微笑んでくれてから、なんとなく僕らの距離が縮まった気がする。

ナキは表情が少しだけ豊かになった。


出会った頃に比べ、微笑んだり、寂しげな顔をするようになった。

ただでさえ綺麗な顔立ちなのに、表情が動くともっと綺麗に感じるから不思議だ。


そしてナキは事あるごとに、僕に「好き」と言葉を投げかけた。




「ユウヤ、好き」




これも僕が“失言”と思った発言をしたことからだと思う。

しかし、死に際を褒めた僕に対して投げかける言葉だろうか。



ナキは相変わらずわからないことが多い。


< 32/ 90 >