ケータイ小説 野いちご

ハネノネ

第一章


ハネノネ 第一章



ハネが、降ってきた。

雪のように白いけれど、融けることはない
花びらのように美しいけれど、決して土に還ることのないそれがもたらしたのは、
不治の病による世界の終わりだった。



ハネが初めてこの世に舞い降りたのは11年前。

ロシアを初め、面積の大きい順に降り注ぎ、徐々に世界を壊し始めた。

比較的面積の小さな日本に初めてハネが降ってきたのは、2年前のことだった。



ハネは毒を出していた。

その毒は急速に人々を蝕んでいった。



人はそれを“ハネの病”と呼んだ。





< 1/ 90 >