ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

はつこい

〜お互いの気持ち〜
氷河Side

氷河Side

さっきは凪桜の様子がおかしかったけど今は普通だ

よかった…


−昼休み−

俺はいつも柊大と飯を食っている

いつも通り食堂に行こうとしたら、柊大が

「なぁ、藍沢と池上、誘わねぇ?」

と言ってきた

はぁ?何言ってるんだ?こいつ…

誘ったところで来るわけがない

そう思っていた…

だが

柊大が誘うと、あっさりOKだった






< 54/ 61 >