ケータイ小説 野いちご

はつこい

〜好きな気持ち〜
氷河Side

氷河Side

−次の日−

熱はもう完全に下がっていた

今日も凪桜と一緒に学校に行く約束をしている

俺が家を出ると、凪桜はまだいなかった

約束の8時を過ぎても凪桜は出てこなかった

どうしたんだろう…

もしかして、俺の風邪が移ったとか…?

心配だ…



ガチャッ

ドアが開いて凪桜が出てきた

どうやら寝坊をしたらしい凪桜は、化粧はしてないみたいだった

すっぴんもかわいい…

むしろ化粧してない方が好きかもしれない


挨拶をした後、凪桜は俺の心配をしてくれた

スゲーうれしい…

俺が大丈夫だと答えると、凪桜は安心したような、少しうれしそうな顔をした

その表情を見た俺は思わず、ふっと笑ってしまった

すると凪桜は向こうをむいてしまった…

少し心配になり、凪桜の顔を覗き込んでみると、

真っ赤だった…

まさか熱があるとか?

やっぱり風邪が移ったのか?

俺は心配になり凪桜の額に触れようとした

が…、振り払われてしまった…






< 48/ 61 >