ケータイ小説 野いちご

白虎連合最終章

seasonⅠ
クリスマスイブ








時刻は夜九時。

龍と蓮が迎えに来るまで、後三十分。








「…これ誰が着るん?」


「ゆいに決まってるやんっ」








ちなみに今は私の家。

ていうか、行事ごとはいつも私の家。





居間に向かい合って座り、私は目の前の服から目を逸らす。

紫織は相変わらずニコニコで。









「あたしもな、反省してん」


「はぁ」


「真冬やのに露出したドレスばっかり着させてしまって」


「はぁ」


「やし、これなら寒くないでしょう!!!」


「でもこれ、トナカイ…」






そう、トナカイ。

しかも着ぐるみ。




そりゃね?ありがたいよ。

寒くないやろし。








でもなんか違う!!!








.

< 5/ 331 >