ケータイ小説 野いちご

さくら木一本道

第一話 桜木一本道





春の暖かい風が頬を撫でる。
風に揺られ桜が舞散る。
問いかけてみるが、桜は何も応えない。
ただゆらゆらと美しく、儚く、舞散るだけだ。
今この美しい光景を目にとどめておこう、
後で後悔するのは嫌だから。






< 1/ 137 >