ケータイ小説 野いちご

黒い太陽

プロローグ



青すぎる空、白い雲。
何かを掴みたくて、天に向かって必死に手を伸ばした。


――だけど。
あたしの手じゃ小さすぎて。
きっと何も、掴めない。

きっと何も…‥。




「…あ、セミ…‥」




吐き気がしそうな程眩しく輝く真夏の道で。
くだらない世界の片隅で。

わずかな生涯を終えた蝉が息絶えていた。




「ねぇ、アナタは自分の人生を、自分で生きたの…‥?
あたしは――」





< 1/ 4 >