ケータイ小説 野いちご

恋海-私と彼の恋の伝説-

第1章
☆キス


「ちょっと、海。皐月を泣かせるな。」


棗は海に向かって低い声で睨みつけるように言った。


「…」

「皐月だって、事情は抱えてんだ。勘違いすることぐらいあるだろう。それに、人形といわれて嬉しいヤツはいねぇよ。」

「人形って言われたの?!海、最低…」


葵はあたしの頭は撫でてくれて、慰めている。


その手はとても暖かくて、まるで大好きな人に撫でられているような感触だった。


「…皐月、悪かった。」


海はあたしの手を握って、謝ってくれた。


だけど、まだ”人形”っていう言葉が胸を苦しめる。


すると、教室にある一人の先生が入ってきた。



< 63/ 359 >