ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

黒の恐怖 【超短編ホラー】

あとがけ


はい、手短に簡単お手軽ホラーを書いてみました。

夏にはホラーが定番ですが、お化けの類を思いつかずリアル怖い話を思いついたので、書いて見ました。



怖いですね…。←虫キライ



とりあえず、飲みながら書いて思わずフタを検討しましたよ…なんとなく有り得そうってのがホラーの定番です。

いわゆる髪の毛を洗うときに背後に誰かいるとか、カーテンを開けると人が覗いてるとか、そういう定番を恐怖に結びつけるのがホラーの形なのですが…

何を間違ったか、リアルホラーになってしまいました(笑)

時期的にもありそうだから余計に怖いと思います。

飲み物も多く飲まれますしね。

そんなこんなで出来上がったんですが、自分へのダメージが大きすぎました。

こえーよ!…今飲んでるの大丈夫かな…まぁ目を離してないから大丈夫だと思いますけど…。

ううっ…想像したら飲み物放置できなくなった。

今後フタしようと思います…多分(笑)

と言うわけで、初書き下ろしがリアルホラーです。

怖がってもらって飲み物にフタすれば良いと思う←ヒデェ

という訳で読んでいただきありがとうございました。

ではでは…

< 9/ 9 >