ケータイ小説 野いちご

【完】ヤンキー女→清楚女『逆高校デビュー』

●変身
ヤンキー女→清楚な女



「姉ちゃん。

あたし、正也と別れた」


仕事から帰ってきた姉ちゃんに、声をかけた。

リビングのソファーで、ねっころがっている私の頭を、姉ちゃんは軽く叩いた。



「あんな男と別れて、よかったじゃない」


姉ちゃんは私の足をどけて、ドカッとソファーに座った。



姉ちゃんは私より10こ上の25歳。


仕事は美容師。




姉ちゃんは私の姿を見て、深いため息をついた。


「あんた…髪傷みすぎ。

ていうか、いつもジャージでさ…眉毛ないし。。

美容師の妹とは思えないよ。

もっと自分の容姿を、気にしなさいよ」



…うっっ。




確かに。。。




自分で染めた髪が、だんだん金髪になっちゃって


伸びちゃって

受験でまた自分で黒に染めて、


そのままほっといたら、黒と金と茶とぐちゃぐちゃまだらになっちゃった。

化粧は目を強調するようにガンガンにアイライン

でも眉毛なし

その方がヤンキー度が上がんだよって勝手に思い込んでた。



ジャージはヤンキーの一張羅。




間違ってんの……?








< 4/ 308 >