ケータイ小説 野いちご

【完】ヤンキー女→清楚女『逆高校デビュー』

●高校生活スタート
目立つ女




4月。


高校生活が始まった。



中学時代、見た目はヤンキ−だったけど、勉強はできる方で、


担任もそれを、ちゃんとわかってくれていたから、


私はずいぶん救われた。




ちゃんと受験の時は髪を黒く染めて、



私は県内の進学校に合格したんだ。



入学式。


周りをみると、ヤンキー率ほぼ0%。。。


姉ちゃんに改造してもらわないで、あのままヤンキ−で入学式に出ていたら、


私は完全に、浮いていただろう。。。


姉ちゃんに感謝だ。





同じ中学からは、私だけのこの高校。


もともと友達を作るのが苦手で、

中学の頃はあんなだったから、周りに誰も寄り付かず。




高校生活…大丈夫かな…




超不安になりながら教室に入り、自分の席についた。





な…なに????


私の顔?なんかついてる??


私はすごい視線を感じて、かばんから手鏡をだした。


あれからちゃんと、自分の身なりに気をつけている。


ジャージも捨てた。


ドクロマ−ク物も撤去した。


部屋も部屋着も女子ぃ−って感じにした。



手鏡だってキキララだよ?

ダメか?




ナチュラルメイクが濃い?

あ!もしや眉毛忘れた??

いや…大丈夫だよな…


制服…着崩しすぎ?



紺色チェックのスカート、紺ソックス。ベ−ジュのカ−ディガン、紺色のリボン。


ちゃんと指定の制服だよな…




「ね…なんかモデルの仕事とかしてるの?」



…………は???






< 13/ 308 >