ケータイ小説 野いちご

夏の微熱

★プロローグ
★届いて!

タイミングが、
なかなか掴めなくて。

結局、放課後だよ。
どうしよう……


昨日書いた手紙を、
…じっと見つめる。


早く、渡さなきゃ!

自分の席に座ったまま、教室を見渡す。


「え?いないっ!」


いつの間にか、
遠藤くんの姿はなくて。
青原くんもいないし、
カバンもなかったし、
帰っちゃったんだ!


慌てて、教室を飛び出す。

明日になったら、また
躊躇してしまうかもしれない。

覚悟してるうちに渡したい!


それに、何だか今日の
遠藤くん、スゴく機嫌良かった。


よく笑ってたし。


だから!
今日、渡さなきゃ!


廊下を走って、
下駄箱のとこにも居なくって。

靴を急いで履いて、
外に飛び出した。


人の群れを、探しながら進んで行く。

< 16/ 19 >