ケータイ小説 野いちご

雨の中で君を待つ。〜詩集〜

ココロ行方不明




君の心は誰に向いているの?

こっちを見てよ。僕を見て。


こんなにも君が好きなのに、自分が邪魔をして上手く言えない。


毎日 話したいよ。毎日 笑いたいの。

全部、君と。君と僕だけ。


君の気持ちが読めない僕は、苦しんで辛くて、切ない日々を過ごしているんだ。

知れば知るほど、大好きになるから余計に辛くなるんだよ。

優しすぎるのが、一番苦しいんだよ。


な 僕 君
れ の が
ば も
い の    誰よりも
い に
の   ほんとうに
に  愛しているんだよ。




< 9/ 12 >