ケータイ小説 野いちご

可愛い 嫉妬

嫉妬





私 大塚 朱音 オオツカアカネ

中学2年生!





朝ごはんを食べて、学校に颯爽と向かった




「おはよーあかねぇー。」

「あっ。百合。」


この子は 橘 百合 タチバナユリ
私の小学校の頃からの付き合いで 私のよき理解者

< 1/ 29 >