ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あなたに出逢えて


ー愛せない理由






「ちょっとタカシ。」





「え………?優?」





タカシは間抜けな顔をして私を見つめる。





そりゃそうだ。





ここはタカシの部屋で、タカシは今彼女と真っ最中だったから。





「ちょっと……あんた誰よ」




「タカシ、金。」





「は?」





「タカシの子供出来たから、堕ろすときの金。」





彼女はタカシを見つめた。








< 16/ 163 >