ケータイ小説 野いちご

これが僕らの勇者伝!

ひめとまお



─一方その頃…


陽の光が当たらない暗黒の世界

樹木も河川も無いだだっ広い荒野

そこに一際目立つ切り立った岩山


頂上には無機質なレンガで造られた巨大な城がそびえ立っている


そこから聞こえる不気味な音は悪魔の叫びか鬼の唄か

魔王の城

そこに足を踏み入れた者は

生きて帰ることはできないという…








「きゃはははっ!まおちゃんよわ~い!」

「もお~!ねぇもう一回!もう一回だけやろう!ひめちゃん!」

「もうや~だ~、これでもう125回目だよ~!ね~む~い!」

「ねぇ~おねが~い!」






ぶっちゃけ魔王はヒマだった!

部下である悪魔や魔獣たちが全て慰安旅行に行ってしまったのだ


魔王は唯一の未成年だったので、参加できず

城に一人留守番する羽目になった


すっごいヒマだった!

なので姫を連れて来た、同い年の同性だったので良い遊び相手だった



そして今、キングっちやゆうやたちが大変だということは露知らず

ウイイレでものすごく盛り上がっていた


ひめとまおは意外とゲーム好きだった



< 18/ 35 >