ケータイ小説 野いちご

エレファント ロマンス

3.
Andrias japonicus 【オオサンショウウオ】

「由衣ーっ」


下でお父さんが呼んでいる。


それでも私は、薄暗い部屋のベッドに伏せたまま、返事も出来なかった。


さっきから、セーターの袖口で何度も唇をぬぐっている。


「由衣ー?」


呼びかけてくるお父さんの声が訝るように曇ってきた。


おそるおそる部屋を出て、階下の様子をうかがった。


ちょうど、ダークスーツの後ろ姿が、リビングを出て玄関へ向かう所だった。


「由衣ー。先生、帰られるぞー。降りて来てお見送りしなさーい」


また、大きな声で呼ばれ、ドキッとした。


「かまいません。由衣さん、『これから勉強する』と言ってましたから」


すかさず先生が言う。


「そうですかぁ?」


お父さんが申し訳なさそうに言っている。


聞いていられなくなって、私は部屋に戻った。


―――先生に裏切られた。


怖かった……。


嫌い……。


嫌い……。


大嫌い……。


私はベッドに伏せて泣いた。



< 31/ 95 >