ケータイ小説 野いちご

キミを守リタイ

2nd story
one month after







1ヶ月が経った。







あの日と比べて

ますます

心を開いてくれた

気がする。







「おはよう」





「はよ。」





今では

毎朝ご飯を

つくり

そして、







「はよ、行くで」









今日から

由里の学校生活が

始まる。







「まって-」




< 25/ 108 >