ケータイ小説 野いちご

私の兄は、アイドルです。

★stage.6

 
─────
────




……止まってほしいとどんなに願っても、時間は着実に進んでいて。


私の頭はグルグルと混乱したまま――……



――……ついに、コンサートの朝を迎えた。








バタバタバタっ



「ぅおらぁぁぁっ!」




……はっ!


スヤスヤと眠っていた私の耳に入ってきた、けたたましい騒音(足音)と怒声。


気持ち良く寝ていた私は、その音を聞いた瞬間……


……バッチリ目が覚め、そしてココからマジで逃たくなった。


まさか私……





バンッ



「くそぼけ音遠っっ!
お前何で俺様を起こさないんだよ!!」


「いいい今何時でしょう!!??」


「あ"!?自分で時計見ろやボケっ」



勢い良くドアを開け、超激怒りしてるお兄ちゃんを直視出来ないままに

恐る恐る壁掛け時計を見ると……




「ヒィィっ……9時…30分……!」




コンサート当日。
集合時間は、7時。

ちなみに、私は毎朝お兄ちゃんを起こす役。



時計を見て……
一気に冷や汗をかいた。




「なぁ、音遠?
お前さぁ、なんで今日に限って寝坊すんだよっ!」


「ごめんなさぁぁぁいっ!!」



 

< 65/ 297 >